腰痛対策!オススメ敷布団5選 ~自分の体に合ったものを選ぼう~

こんにちは、コウです。

みなさん、最近よく眠れていますか。自分の体に合わない敷布団を使い続けて腰が痛い、なんてことになっていないでしょうか。

人は一日のうち三分の一は寝て過ごしているわけですから、布団選びというのはかなり重要です。自分に合わない布団を無理して使い続け、腰痛になるなんて目も当てられません。

腰痛になったことのない友人に「腰痛もちなんだ」と言うと、結構笑われます。しかし実際は笑っていられない辛さですからね。
笑われた時、私の心は怒りで煮えたぎります。

怒れる私の心

ひどいときは布団に入ってから4時間ほどは痛みで目がさえてしまい(私はだんだん痛くなっていくので、最後の方はのたうち回っています)、結局痛み止めを飲んで気絶するように眠っていました。

そんなことにならないよう、もしくは改善できるよう、自身にあった布団を選び、快適な生活を送りましょう。自分に合った布団で寝れば睡眠の質が改善し、気持ちも前向きになるでしょう。

ということで、今回は床に敷ける「敷布団」に焦点を絞って、さまざまな商品を紹介していきます。新しい敷布団をお探しの方必見です。

 

布団選びのコツ

よく「腰痛には硬い布団がいい」といわれますが、この表現は間違っています

確かに、硬い布団を使って改善する人は多いんですが、人によってはむしろ悪化してしまうんです。

一言で腰痛といっても、いろいろな症状があります。柔らかいものが合う人もいるので、まずは自分にはどちらがいいのか確かめてみましょう。

硬い布団が合う人


前かがみになると腰が痛い人は硬い布団が合います。
症状名は、「椎間板ヘルニア」「筋・筋膜性腰痛」「椎間板症」など。猫背などの悪姿勢が原因の腰痛もこちらですね。
高反発の布団がオススメです。

柔らかい布団が合う人

腰を後ろに反ると痛い人には、柔らかい布団が合います。
症状名は、「すべり症」「腰椎分離症」「脊柱管狭窄症」など。
低反発の布団がオススメです。ウールポリエステルも良いです。

 

とはいえ、自分で症状を判断するのって意外と難しいですよね。「前かがみになると痛いような、後ろに反っても痛いような…。」と感じる人も少なくないはず。

そんな方、あるいは「まだ腰痛になってはいない」という方は、自分の体重を目安に選んでみましょう。次の記事を参考にしてみてください。
マットレスについての記事ですが、基本的な考え方は敷布団でも同じです。

コウ
コウ
考えなしに硬い布団を選ぶのは悪手ですよ!

 

よく確認すべきポイント

忘れがちだが考慮したい事柄
  • 返品保証期間が90日以上あるか
  • 布団の横幅

 

他にも人によって衛生面しまいやすさなどいろいろあるでしょうが、返金保証期間布団の横幅を気にされる方は少ないように感じます。

この2つは忘れがちですが非常に重要なポイントですので、ここで説明していきたいと思います。

返品保証期間が90日以上あるか

布団を買い替えてから効果が出始めるまで、長くて90日ほどかかるといわれています。

なので、返品保証期間が90日以上あると好条件といえると思います。

よく、敷布団やマットレスを返品できないと嘆いている方を見かけます。安い買い物ではないので、返品制度については慎重になった方がいいでしょう。

布団の横幅

同じ商品でも、「シングル」「セミダブル」「ダブル」などサイズは様々です。しかし、どういう基準で選べばいいのか知っている人は少ないのではないでしょうか。

例えば私は、「シングルは1人用、ダブルは2人用かな?」と思っていました。あながち間違いではないんですが、それだと「じゃあセミダブルってなんだよ」って感じですよね。

実は、自分の肩幅を基準とした最短幅があります。目安は「自分の肩幅+40~60㎝」です。これくらいあれば寝返りしやすいということで、このような数字になっています。

たいていの方はシングルでも十分ゆったりと寝られるのですが、肩幅の広い方だとシングルでは窮屈な場合があるので、ぜひ注意していただきたいところです。

もちろん、これより大きい分には寝心地に何の問題もありません。ご自身の予算や部屋の広さと相談して決めてください。

 

商品紹介

1.ニトリ 点で支える体圧分散 敷ふとん

引用:ニトリネット【公式】

商品名にもありますが、体圧分散に特化した敷布団です。一般的な敷布団よりも腰にかかる負担が少ないのが魅力的ですね。質感としては硬めです。

本来、体圧分散というのは柔らかい布団の方が向いています。布団と背中の接触面積が柔らかい布団の方が大きいからです。しかし、そうすると今度は「沈み込む」という問題が出てきてしまいます

それを、この商品は「点で支える」ことで全体に体圧を分散し、解消しているのです。

引用:ニトリネット【公式】

また、頭、腰、脚部分の3パーツに分かれていて、その中材を定期的に入れ替えればより長く使えるそう。

カバーのみ洗濯機で洗えます。
厚さも7㎝と問題ありません。

三つ折りなのでコンパクトに収納可能、かつ軽いのも長所です。

個人的に気になるのは、衛生面について一切記載がないことでしょうか。
防ダニ、抗菌、防臭についてニトリネットの商品紹介には何も書かれていませんでしたお手入れには気を付ける必要がありそうです

通気性に関しては以下のような口コミがあったので、悪くはないと思われます。

たるまるさん 2020/03/10

購入商品:点で支える体圧分散 敷布団 セミダブル

寝心地最高~

床に直接布団を敷いて子供と一緒に寝てたのですが、身体中痛くなって疲れてしまうのでマットレスを購入しました。 使いはじめて三日目ですが使い心地はいいです。 耐久性はこれからなのでわかりませんが、朝起きてマットレスをひっくり返すと汗あとがついてるので、カビらないかだけが心配です。。

引用:ニトリネット【公式】

どういうことかといいますと、通気性が良いと水分が布団にとどまらずに、床へとたまってしまう、ということです。通気性が良い方が当然カビにくいですから、長く使えるでしょう。

また、保証期間1年とのことですが、返品は14日間というのも心配です。

サイズ展開はこちら。

値段(税込) サイズ 重量
シングル 15,176円 幅100×奥行200×高さ7㎝ 約4.9㎏
セミダブル 19,250円 幅120×奥行200×高さ7㎝ 約5.64㎏
ダブル 23,324円 幅140×奥行200×高さ7㎝ 約6.87㎏

値段はニトリにしては高いものの、やはり高品質な敷布団の中では安い方です。

以下は口コミです。

えーちゃんさん 2020/03/13

購入商品:点で支える体圧分散 敷布団 シングル

非常に良い

今のところ、沈み込まずに良い姿勢で寝れています。腰にも良い。 雲のやすらぎを使ってましたが、沈み込みがキツくて、腰にかなり負担がかかってました。

引用:ニトリネット【公式】

ちなみにニトリの別の敷布団についての記事も書きました。「点で支える高反発敷布団」という商品を紹介しているのですが、今回紹介している「点で支える体圧分散敷ふとん」よりは柔らかい布団です。
気になった方はぜひ。

雲のやすらぎプレミアム

引用:一番星オンラインショップ

こちら先ほどの口コミに出てきた商品ですね。残念ながらえーちゃんさんには会わなかったようですが、この商品も非常に評判がいい敷布団です。

高反発なんですが、質感は「硬すぎず、柔らかすぎず」を押し出しています。ただ、「柔らかすぎる」と感じる方もそこそこ多いようですので、硬いのが好きな方には向いていなさそうです。

また、10ものこだわりがあるそうで若干情報過多感が否めませんので、いくつかかいつまんで紹介していきます。(全部知りたい方は上のリンクから商品ページに飛べます)

雲のやすらぎプレミアム こだわりポイント
  • 厚さ17㎝の大ボリューム
  • 通気性抜群
  • 100日間の返金保証
  • 防ダニ・抗菌・防臭
  • オールシーズン使える

 

1.厚さ17㎝の大ボリューム

これが「雲のやすらぎプレミアム」の最大の特徴ですね。かなり分厚いです。体重190㎏の千代丸関が使用しても底つき感がないというんだから相当です。

かわいいと人気の千代丸関。(引用:一番星オンラインショップ

なんと5層構造。5層というのはなかなか見かけません。これによってふかふかの弾力を実現、まさに「浮いているような寝心地」と人気です。

2.抜群の通気性

人は寝ている間にコップ約1杯分の汗をかくといわれています。布団に湿気がこもるというのは実は睡眠の質を大幅に下げてしまいます。なので通気性というのは布団選びには重要な要素です。

3.100日間の返金保証

先ほども説明しましたが、返金保証というのは90日間あるものが安心です。

「雲のやすらぎプレミアム」は値段は結構張りますが、自分の身体に合うか十分確かめたうえで、合わなければ返品もできるので「お金の無駄」ということにはならないでしょう。

4.防ダニ・抗菌・防臭

うれしい3点セットです。

特にダニアレルギーは、喘息や鼻炎の5~8割、子どもの喘息では9割以上の原因と考えられています。

みなさん清潔・安心な布団で寝たいですよね。だとすれば、この機能ははずせません。

5.オールシーズン使える

なんと裏返すだけでいいそうですよ。

オールシーズン使えるならば、もしかしたら季節に合わせて2枚布団を買うより安く済むのではないでしょうか。

もちろんデメリットもあります。

まず、厚すぎて収納しにくい点です。17㎝ありますからね。三つ折りにすると51㎝にもなってしまいます。

次に、沈み込みやすい点です。もちろんこれは人にもよるのですが、このような口コミが多いので紹介しようと思います。

saitou-y4

2019年8月31日に日本でレビュー済み

私にとっては柔らかすぎた。体が沈みすぎる。
引用:Amazon

 

サイズ展開はこちら。

サイズ 値段(税込)
シングル 幅100×奥行200×高さ17㎝ 39,800円
セミダブル 幅120×奥行200×高さ17㎝ 49,800円
ダブル 幅140×奥行200×高さ17㎝ 59,800円

 

口コミはこちら。

Amazon カスタマー

2019年6月12日に日本でレビュー済み

腰痛に良いとされる某敷布団を使っていましたが体に合わず、新しいものを探していたところ「雲のやすらぎプレミアム」を見つけ100日返金保証(公式通販サイト限定の保証です!)があったので購入しました。
結果、初日から寝起きが全く違います!!ふかふかで温かくて腰も全く痛くない!!私的には今までで最高の敷布団です。2枚目はAmazonで買いました。
公式サイトは納品まで2週間くらいかかりましたがAmazonは2日で来ました。
他のコメントでもあるようにお尻の部分がヘコみますが、説明書にも週に一度は裏返して使うように記載されています。
厚いので裏返すのが少し大変ですが布団自体がそれほど重くないので家ではありません。
またウレタン製のマットレスと違い、冬場は湯たんぽ使用可能な点も良かったです。
引用:Amazon

 

気になった方はこちらの記事も読んでみてください。

エムリリー 優反発マットレス(8㎝)

引用:トゥベストショップ【公式】

 

高反発でも低反発でもない優反発。公式HPによると、独自の素材を使うことで、「優しい反発体の重心を一定にする」ことに成功しているそうです。

すごくざっくり言ってしまえば、めちゃめちゃ体になじむ、ということらしいですよ。

確かになんだかすごそうです。(引用:トゥベストショップ【公式】

またこの布団は2層構造で、上層が優反発のスマートフォーム、下層が高反発のオープンセルフォームというものとなっています。

このオープンセルフォームというのは直訳すれば「開放細胞構造」、つまり空気穴がたくさんあって通気性がすごくいい、ということです。

三つ折りなので収納性もいいですね。

ただし、3年の品質保証はついているものの、海外から圧縮された状態で真空パックで送られてくるため再梱包が不可能という性質上、身体に合わなかったという理由での返品は不可能です。

サイズ展開はこちら。厚み5㎝のものや11㎝のものもありますが、床に直接敷いて使用できるのは8㎝タイプのみとのことなので、8㎝のものに絞ってあります。

値段(税込) サイズ 重量
セミシングル 25,278円 幅80×奥行195×高さ8㎝ 約5.4㎏
シングル 27,478円 幅97×奥行195×高さ8㎝ 約6㎏
セミダブル 34,078円 幅約120×奥行195×高さ8㎝ 約8㎏
ダブル 40,678円 幅140×奥行195×高さ8㎝ 約10㎏

 

口コミはこちら。

12月上旬、高熱を出して寝込みました。腰が痛くてつらく、何かいいものはないか探している時この商品を見つけました。12月下旬品物が届きその日から敷きパッドを敷いて寝ています。
体が沈みすぎず熟睡朝まで熟睡できています。表面の青い繊維が付くというレビューがありましたが、全く付きませんでした。私的には良い買い物ができて満足しています。
引用:Amazon

返品保証がないのが怖いですが、低評価の口コミがほぼありませんでした。あっても「青い繊維が付く」というのばかり。でもそれって、シーツを敷けば済む話ですよね。

高反発も低反発もダメだった人には試す価値がありそうです。

モットン

引用:モットン【公式】

私が考えるこの商品最大の長所は、「好みに合わせて硬さを選べる」点です。ソフト、レギュラー、ハードタイプの3種類があります。

引用:モットン【公式】

好みがまだわからない、という人は上の図を参考に、自分の体重に合わせて買うこともできます。

また保証制度が充実しており、公式サイトで購入すれば、返金保証交換保証がついてきます。

仮に自分に合わない硬さのものを買っても、返金保証期間内であれば1回まで交換可能ということで、安心して購入できますね。

返金保証がある布団は少なくないですが交換保証がある布団はあまり見かけません。モットンの強みだと思います。

防ダニ機能、通気性の良さも謳われていますが、防菌・防臭については何も公式サイトに載っていないため、この点は期待できないかもしれません。

サイズ展開はこちら(硬さによる値段の違いはありません)。

値段(税込) サイズ 重量
シングル 39,800円 幅97×奥行195×高さ10㎝ 約7.5㎏
セミダブル 49,800円 幅120×奥行195×高さ10㎝ 約9.0㎏
ダブル 59,800円 幅140×奥行195×高さ10㎝ 約10.7㎏

重いですね。

口コミはこちら。

カッチカチ!!使っていたマットレスがだいぶやわらかくなってきたのでモットンを初購入☆
一瞬で広がって、すぐにでも寝れるくらいになりました。
匂いも全然なくて、初日からもうグッスリです。
腰痛持ちな私は、朝起きた時から腰がダルく、昼前から寝るまで叩いて叩いて…だったのに、
初めて使ってみた翌日の夜にその日はまだ叩いてないことに気が付いたんです!!
本当に腰が楽♪
体重は43kgなのですが、踏んで歩いても足が沈み込まないくらいの硬いマットレスを探していた為、
お勧めの範囲ではないハードタイプを購入しましたが、大丈夫、むしろ合ってるみたいで良かったです☆
あとはこの状況がどのくらいキープできるかだけが心配なのですが…何年持つかなぁ?
三つ折りにできなくて、湿気対策に上げ下げするのに苦労することだけが唯一の残念です。。。
三つ折りタイプもゆくゆくはできればイイナ♪期待です☆

引用:楽天市場

 

モットンの保証制度については次の記事に詳しくまとめてあります。

エアウィーヴ

引用:エアウィーヴ【公式】

初めに言ってしまいますと、エアウィーヴは今回紹介する商品の中でダントツに値段が高いです。しかし同時に、最も信頼できる商品ではないかと思います(誰の身体にでも合うということではありませんが)。

もしもお金に余裕があるのであれば、私はエアウィーヴの購入を検討することをおススメします。

それでは見ていきましょう。4種類あるので、先にサイズ展開を紹介します。

四季布団 四季布団 和匠 四季布団 和匠・二重奏 スマートZ
シングル:約幅100×奥行195×高さ8㎝&重さ約8.5㎏

シングルロング:約幅100×長さ210×高さ8㎝&重さ約9㎏

セミダブル:約幅120×長さ195×高さ8㎝&重さ約10㎏

ダブル:約幅140×長さ195×高さ8㎝&重さ約11.5㎏

シングル:約幅100×奥行195×高さ8㎝&重さ約9㎏

シングルロング:約幅100×長さ210×高さ8㎝&重さ約9.5㎏

セミダブル:約幅120×長さ195×高さ8㎝&重さ約10.5㎏

ダブル:約幅140×長さ195×高さ8㎝&重さ約12.5㎏

シングル:約幅100×奥行195×高さ9㎝&重さ約9.5㎏

シングルロング:約幅100×長さ210×高さ9㎝&重さ約10㎏

セミダブル:約幅120×長さ195×高さ9㎝&重さ約11.5㎏

ダブル:約幅140×長さ195×高さ9㎝&重さ約13.5㎏

シングル:約幅100×奥行195×高さ9㎝&重さ約8.5㎏

 

 

セミダブル:約幅120×長さ195×高さ9㎝&重さ約10.5㎏

ダブル:約幅140×長さ195×高さ9㎝&重さ約12㎏

シングル:99,000円

シングルロング:106,700円

セミダブル:118,800円

ダブル:138,600円

シングル:143,000円

シングルロング:154,000円

セミダブル:171,600円

ダブル:200,200円

シングル:220,000円

シングルロング:237,600円

セミダブル:264,000円

ダブル:308,000円

シングル:42,900円

 

セミダブル:51,700円

ダブル:60,500円

引用:エアウィーヴ【公式】

四季布団シリーズ(正確にはHUTONシリーズというそうですが)の方は「硬いか柔らかいかでいうと柔らかい…かな…?」、スマートZの方は四季布団より硬い寝心地です。人によって意見がかなり割れそうなラインなので、実際に店舗で試した方がいいと思います。

すべて30日お試し可能・3年品質保証(カバーは初期不良のみ)・分割払い可能となっています。

エアウィーブは、なんといってもその対応の丁寧さが魅力だと思います。
注文から発送までのサポート、返品対応などの評価が非常に高いです。

腰痛のため試験的に購入しました
予想より重かったので驚きましたが、すぐに要領が分かり
現在はうまく扱えていると思います
注文から発送までのサポートが非常に良くされていましたので安心できました
使用しての実感は睡眠の質が変わったのを感じます
何故かはっきりした夢を見る事が多くなりました

引用:エアウィーヴ【公式】

 

また、お手入れも簡単です。ズバリ、「汚れが気になったら洗う」だけ。カバーは洗濯機で丸洗い、中身のパッドは風呂場で中性洗剤を使って洗えばOK。中身も自分で洗えるのがいいですね。

朝、腰を用心しながら起き上がっていたのが、あまり考えずに起きれるようになった。それと、お布団を日に干さなくていいのが嬉しい。

引用:エアウィーヴ【公式】

もちろん、通気性も抜群なので清潔感はばっちりです。ただしそれゆえ冬は少し寒いそうです…(一応通年仕様らしいのですが)。

ネックはとにかく重いこと。

快適だが重い
タイトルの通り寝るのは快適ですが、重いので布団としては使いにくいです。

引用:エアウィーヴ【公式】

 

また、実は私も体験に行ってきたのですが、四季布団の方はやや底つき感を感じました。しかし肌触りが良く、シーツなどを敷かなくても気持ちよく眠れそうです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

腰痛対策の敷布団は本当にたくさんの種類がありますが、その中から特に評判のいい5つをピックアップして紹介しました。

私はエムリリーが気になります。商品紹介のところではエアウィーブを激推ししましたが、やっぱり私には高すぎました…。

個人の意見ですが、おそらくニトリやエムリリーは広告費をそれほどかけていません。それゆえ「雲のやすらぎプレミアム」や「モットン」に比べて、安く販売できているのではないでしょうか。決して値段に比例して、品質が劣っていることはないと思います

皆さんが自分に合った敷布団を選び、快適な毎日を過ごす助けとなれたら幸いです。

それでは、本日はここまでとなります。ありがとうございました。

 

オススメ記事

私の腰痛が治った方法


当サイト運営者のコウです。
僕は15歳~23歳の8年間、ひどい腰痛に悩まされてきました。

しかし、23歳の時に腰痛に良いマットレスに変えてからは、
腰の状態がすこぶるよくなり、3年たった今では腰痛に悩まされることはなくなりました。

マットレスで100%腰痛が治るとは一概には言い切れません。

しかしマットレスが自分に合ってないと、腰痛を悪化させてしまうことは100%間違いないです。

人は、1日の三分の一の時間を睡眠に使います。

その三分の一の時間を、
自分に合わないマットレスで腰を痛めて過ごすのか?
腰痛改善に良いマットレスで治療しながら過ごすのか?

私は後者でした。
そして後者を選ぶことで腰痛を改善させました。

このサイトでは30種類以上マットレスの体験をしてきた私が、
マットレス会社に忖度せずに、自分の肌で感じたものや、徹底的に口コミを分析した情報を、つつみ隠さず話しています。

良いものは良い。ダメなものはダメ。事実のみを書いています。

そんな私が本気で厳選した腰痛に良いマットレスをこの記事では紹介しています。

↓↓記事はこちらから↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です